痛ませないハイトーンカラーが人気の美容院sai(サイ)>カラー>ダブルカラーとブリーチは何が違う??よくある質問と特徴を解説致します!

ダブルカラーとブリーチは何が違う??よくある質問と特徴を解説致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダブルカラーとブリーチは何が違う??よくある質問と特徴を解説致します!

こんにちは!表参道のプライベートサロンの代表モタイです。

「sai」ってお店はどんなところ?と感じた方は以下の記事を読んでみてください。

saiという美容室。

saiという美容室。

こんにちは。MOTAIです。 僕は接客業をしているのに割と話で言葉を伝えるのが苦手です。なので書く事にしてみます。長くなりますが、お客様に読んでいただけたら嬉しいです。 今日は改めて、saiってどんな美容室なのか。 どういう事を大切にしているのか。 少し書こうと思います。 僕は小さい頃からずっと寂しがり屋で、ご飯とか1人じゃ食べれないようなタイプでどこか行くにも誰かと一緒みたいな人でした。 きっと、人が好きなんですね。 美容師をやって10年。大型有名サロンや、たくさんの人に囲まれてサロンワークをしてきました。 自分なりに精一杯やってきたつもりでしたが、本当に人を大切に出来たのか、本当に人を愛せていたのか。 結果として空回りしてしまった経験の方が多かったように感じます。 たくさん失敗をしてきたと思います。 本当の意味で、美容師の価値とは何なのか? 本当の意味で人と向き合う事って何なのか? その答えを自ら探しに行かないと始まらない。 そう思って始めたサロンがsaiです。 saiが本当に大切にしている事が3つあります。 あながあなたらしくいられる場所。 お客様と1対1で向き合う。 一瞬が一生の価値になりますように。 この3つが大切な大切なsaiのコンセプトです。 大型サロンで有難いことにたくさんのスタッフ、お客様に助けていただけてたまたま、実力以上に売り上げをすごく出した事もありました。 正直幸せではありませんでした。 もっと丁寧に出来たかもしれない。もっと大切にお話をきけたかもしれない。もっと寄り添えたかもしれない。そんな悔しい気持ちで一杯でした。 人付き合いが苦手な自分がそれでも人を愛する事をあきらめきれなくて、スタートしたサロン。 それがsaiです。 saiはプライベートサロンである事を非常に大切にしています。 今後どれだけ失敗しても逃げない。 この場所でお客様と1対1の対峙をする。そう決めて日々のサロンワークを歩み始めました。 今までたくさんの人に助けていただいていた事。たくさんの人のおかげで成り立っていた事。 1人でサロンワークをする事ですごく身に染みて感謝をする機会が増えました。 お客様が今の自分をつくってくれた事。 毎秒感謝するようになりました。 人と向き合う。口で言うほど簡単じゃないし、今の自分がそのレベルにある器の人間とは到底思いません。 でも、言わなかったらそうならない。 行動しなかったら何も始まらない。 そんな事を常に思います。人が窮地に立たされた時、一番譲れないモノを大切に思う時。 恥やプライド、情けなさはどうでもよかったりします。 お客様と1対1で向き合う。そんな自分の願いを成り立たせてくれているのはお客様です。 その感謝を当たり前以上に必ず伝えられるサロンでありたいと。そう思います。 もちろんまだまだです。 経営者失格だとか、あいつはもう終わったとか言っていただける機会も増えました。 ですが、そんな事は僕にとってはどうでもいい事。 上っ面ではなく、偽善でもなく、 お客様と1対1で向き合うという事。 そこに対して真剣に向き合ったゴールはきっとお客様にとって一生の価値であると。 上辺ではなくそういう美容師でありたいと。上辺ではなくそういう美容室でありたいと。 saiはそう願っています。 長くなり、すいません。 saiってどういう美容室なの? プライベートサロンって何なの? という質問が多かったので書かせていただきました。 saiが大切にしている事。僕が大切にしている事。 それがお客様にとっても大切なモノになる瞬間があったらとても幸せです。 今後も地に足を着けて一歩一歩努力していきます。お客様にご来店いただける事。 一切当たり前と思っていません。 感謝をHAIRでお返し出来ますように。 今後共saiをよろしくお願い致します。
代表。MOTAI


今日は最近皆様から質問がよくあるダブルカラーとブリーチは何が違うんですか??

という質問に細かく答えていきますね。

ダブルケアカラーはケアブリーチとは別物。

美容室のブリーチカラーと、ダブルカラーって何が違うのか分かりにくいですよね。お客様からしたら違いが理解しずらいと思っています。

ブリーチカラーとは。

アルカリ剤で髪を膨張させてキューティクルを開き、そこから過酸化水素を浸透させて髪の毛のメラニン色素を脱色する方法。になります。メラニン色素が減って髪の色が明るくなりますので、カラーリング前に行うとより染まりやすく、鮮やかなカラーを楽しむことができます。

黒髪の土台をなるべくオレンジ→黄色→白の土台にしていく事でより透明感と発色が楽しめます。

これがブリーチカラーです。

例えばペールトーンの薄い水色やホワイトカラー、ベビーピンク、等はブリーチが必須のカラーになります。

babypink。ケアブリーチ一回でしっかり抜けていれば出来ます。

アプリコットオレンジ。ケアブリーチ一回でしっかり色が抜けていれば出来ます。

ホワイトブロンド。ケアブリーチ2回でしっかり抜けていれば出来ます。

ホワイトラベンダー。ケアブリーチ2回でしっかり抜けていれば出来ます。

ブリーチカラーで楽しめる色がこの辺りです。参考にしてみてください。

ブリーチのメリット

外国人の様な透明感があるブロンドやアッシュ等、色々な色が楽しめます。漫画やアニメに出てくるような2次元のキャラクターの様な色も再現する事が出来ます。

ブリーチを重ねて土台を白に近い髪にしていくと、絵の具と同じように色そのものの綺麗な発色が楽しめます。

ブリーチのデメリット

キューティクルを開き、メラニン色素を破壊しているのでケアブリーチでもダメージは必ずします。

技術者のレベルがそのまま髪のダメージに直結します。信頼出来る担当の美容師さんとしっかりカウンセリングした後行うようにしてください。くれぐれもセルフでブリーチをする事はお控えください。髪に相当な負荷がかかります。

【ホームケアが少し大変】

地毛の髪よりお手入れが必要になります。理想としては、ブリーチ用のシャンプー、トリートメントを使用して頂き、(人それぞれ髪質やダメージ状況が違いますので絶対この商品だから大丈夫。とは言えません。担当の美容師さんと相談して髪に合ったモノを紹介してもらってください)

ドライヤーで乾かす前に、乳液タイプとヘアオイルをつけて乾かす事をオススメしています。

理由としてはブリーチしている髪は水分量が少なくなりやすいのでミルクタイプとオイルの同時使いをして頂く事で髪の柔らかさと指通りの両方をカバー出来るためです。

なのでホームケアが面倒な方はブリーチはオススメしておりません。

キチンとお家でケア出来る事を前提として楽しるヘアカラーがブリーチカラーになります。

ここまでがザックリとブリーチカラーのご説明になります。では本題に移ります。

ダブルケアカラーとは?

ダブルケアカラーって何?という質問最近すごく多いですね。美容室さんによって解釈も違うかと思いますが、ここではメーカーさんの解釈とsaiのメニューでのダブルケアカラーについてブリーチカラーと何が違うのか解説していきます。

ダブルカラーはライトナーという薬を使用します。

お客様はライトナーという薬剤をご存知でしょうか??

簡単にいうと髪を明るく出来る役割を果たす事が出来る薬剤なのですが、ブリーチよりも明るくはならないがダメージはブリーチより少ない

丁度通常のカラー剤とブリーチ剤の間に位置するようなお薬と考えてもらうと分かりやすいかと思います。

勘の良い方はもうお気付きかと思いますが、求める色味によってはブリーチでなくてもライトナーを使用したダブルカラーで再現可能な色が存在します。

簡単にご説明すると、

【通常のカラー】

黒髪を明るくしているので高彩度、高明度の色味が難しく、あくまでブラウンをベースとした色や暗めのカラーを楽しみたい方にオススメです。

【ダブルカラー】

暗めカラーでも透明感のある色にしたい。赤系やピンク系等暖色よりの色で透明感のあるカラーにしたい。ブリーチは抵抗があるけど普通のカラーよりかは変化がほしい。こういった方々にオススメです。

【ブリーチカラー】

明るくもしたいし、透明感も出したい。寒色系で透ける色が好き。外国人の様なヘアカラーがしたい。漫画やアニメの世界の様な2次元に存在する色にしたい。ホワイトやブロンドが好き。ペールトーンのヘアカラーが好き。

こういった方々にはブリーチカラーがオススメです。

ダブルケアカラーで出来る色とは?

ダブルケアカラーで出来る色を分かりやすくご紹介します。

深めのネイビー系カラー。

暗めで透ける感じのブルーブラック系のカラーはダブルケアカラーでも出来ます。より透明感を求める場合はケアブリーチ+ケアカラーがオススメです。

暖色系で明るめのレッドブラウンやピンクブラウン。こういった色味もダブルケアカラーで出来ます。より透明感を求める場合はケアブリーチ+ケアカラーがオススメです。

透明感のあるベージュ系やブラウン系カラー。こういった色味もダブルケアカラーで再現出来ます。より透明感を求める場合はケアブリーチ+ケアカラーがオススメです。

深めのグレー系カラー。こういった色味もダブルケアカラーで再現出来ます。より透明感を求める方はケアブリーチ+ケアカラーがオススメです。

以上がダブルケアカラーで出来る色の一部ご紹介です。

これを踏まえてお客様にはブリーチカラーにすべきか、ダブルカラーにすべきか担当の美容師さんと良く相談して決めて頂けたらと思います!

saiではブリーチもライトナーも補修成分配合のモノに+プレトリートメント、アフタートリートメントまで徹底ケアしていますので迷っている方はぜひ遊びに来てくださいね!

最後にブリーチカラーやダブルカラーをしているお客様、もしくは検討しているお客様にオススメのケア用品等をご紹介しておきます!

シャンプー&トリートメントのオススメ

【LIKEシャンプー&トリートメント】詳しい成分説明は過去のブログをチェックしてみてください!爽やかなグリーンアップルの香りが良いのとメーカーさんが真剣に作っているなぁと感じるシャンプートリートメントです。使用感としては髪が滑らかになるのが実感出来るのが良いですね。

【SEE SAWシャンプー&トリートメント】

シーソーのシャンプートリートメントもすごくオススメですね。香りが良いのとカラーの発色をしっかり補ってくれます。詳しい成分説明は過去のブログをチェックしてみてください!

カラーを長く楽しむ豆知識。

ブリーチカラーをなるべく長く楽しむコツとして、寒色系の場合はムラサキシャンプー、暖色系の場合はピンクシャンプーを上記のオススメシャンプーに半分くらい混ぜて頂いて毎日使用すると色持ちが良いです!ぜひ試してみてください!

【オススメのムラサキシャンプー】

グッバイイエロー。個人的に一番黄色味が消せると思っています。ホワイトカラーの方やかなりハイトーンの色の方の場合ムラサキが毛先に入る可能性がありますので先程オススメした様なケアシャンプーに混ぜて使用して頂くと良いです。

一回ブリーチで黄色やオレンジが出てくるのが気になる方は泡立てて5分程放置してから流して頂くと黄ばみが消せるのでオススメです。

【オススメのピンクシャンプー】

パイモアピンクシャンプー。

こちらは泡立ちと色の補修のバランスがとても良いです。赤系やピンク系のブリーチカラー、ダブルカラーをしている方で日常使いとしてケアシャンプーに半分くらい混ぜて使用して頂くとオススメです。色が抜けてきたのが気になる方はピンクシャンプー単品で泡立てして頂き5分程放置した後お流しをしてみてください。

オススメのアウトバストリートメント(乳液タイプ)

ホームケアではオイルの前に乳液タイプのアウトバストリートメントを使用して頂くと水分量をしっかり保つ事が出来るので、ブリーチカラーやダブルカラーをしているお客様はぜひ使用してみてください。オススメをご紹介します。

エルジューダエマルジョン。香りも良く日常使いしやすいです。お風呂上がりの髪の毛の毛先に2〜3プッシュ程使ってみてください。

シェルパコンディショニングミルク。こちらも香り良しで日常使いしやすいです。スタイリングでストレートヘアが多い方はこちらがオススメです。お風呂上がりの髪の毛先中心に2〜3プッシュ程使用してください。

オススメのアウトバストリートメント(オイル)

SEESAWヘアオイル。

乳液の後に2〜3プッシュ程毛先中心に使用して頂きドライヤーで乾かしてください。香りが良く軽すぎず重すぎないバランスがとれたオイルです。1本あると万能ですね。

ウエラスムーズニングオイル。

乳液の後に2〜3プッシュ程毛先中心に使用して頂きドライヤーで乾かしてください。使用感はやや軽めでオイルで重たくなりたくない方にはこちらがオススメです。香りは甘めなのでバニラ系やココナッツフルーティーな感じが好きな方にオススメです。

オススメのドライヤー

レプロナイザー4dplus。

かなり高級ドライヤーの部類に入りますが艶が出る仕上がりに導けるオススメのドライヤーです。一台あると間違いない商品ですね。

リファビューテックドライヤー。

個人的にかなり好きなドライヤーで自宅とサロン両方で使用しています。

温度調節が自動で出来るのが魅力で冷風と温風をドライヤーが勝手に判断して適切な温度をキープしてくれるのでオーバードライを防げます。

艶が出るのは勿論、ボリュームアップとボリュームダウンも使い分けられるのが魅力的ですね。オススメです。


ヘアカラーの色落ちについて

せっかくヘアカラーしてもすぐに色が落ちてしまっては残念なことになってしまいます。。。

だけどヘアカラーの色落ちは完全には防げないものです。

そこで今回はヘアカラーが色落ちを防ぐ方法も紹介しちゃいます。

方法その1、そもそも色落ちしても楽しめるカラーにする。

方法ではないじゃん!という声が聞こえてきそうですが、はい。そもそも色落ちするのが前提です!

だけど色落ち自体も楽しんでしまおうという考えですね。

そして2つ目は色落ちしている状態のカラーを楽しむということです!

これも方法ではないですね 笑

これは実践できるお客様は限られてしまいますが、具体的なデザインや色合いが見たい方は以下の記事を読んでみてください。

そして3つ目は、ホームケアで徹底的にキープすることです。

実はこれが本題です。

美容室での施術後はおうちでのケアが大半です。

その大切なホームケアでカラーを色持ちを良くすることがポイントです。

詳細は以下の記事を読んでみてくださいね!

【参考記事】色落ちしても綺麗なヘアカラーとは?とは▽

STOP色落ち!ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法って何??

STOP色落ち!ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法って何??

せっかく染めたのにすぐ落ちる、、、。。 ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法ってないですか!? こんな質問をよく頂きます。 結論から言うと、 色落ちを防ぐ方法はあります! 大きく分けて3パターンのヘアカラーの楽しみ方がありますので一つずつご紹介しますね! パターン① 【色落ちしたら楽しめるカラーをする】 一つ目の方法は色落ちをしたら可愛いヘアカラーを目指すやり方です!これはお客様でもオーダーが多い長い目で見て楽しめる方法です! 例えば、暗めのネイビーやパープル等ですね。 地毛と同じくらいまで一回トーンを下げます。 地毛風のダブルカラーみたいな解釈です。 もちろんブラウンやレッド等のカラーを暗めに設定して楽しむ事も出来ます! 今回の記事はハイトーンやブリーチの方で 早めに色が流れてしまう方に向けて書いていますのでベースの黄色味やオレンジ味を抑えてくれる役割を持つブルー系やパープル系のカラー の方がより綺麗に色落ちしていくので特に オススメです! 画像を参考に紹介していきます! 【ディープブルー】
深めのブルーでしっかりとオレンジ味を抑えます。最初は暗く感じますが時間をかけて綺麗なアッシュに落ちていくので1ヶ月〜2ヶ月かけて 綺麗な寒色に落としていきたい方にはとてもオススメです! 【ディープパープル】
こちらも色落ちが楽しめるオススメなカラーです!黄色味をしっかり抑えながら退色していきますので1ヶ月〜2ヶ月かけてラベンダーアッシュ系で白っぽく落ちていきます。次のカラーチェンジもしやすい オススメのカラーです! パターン①は、最初は暗すぎるかな?? と思うかもしれないけど退色を重視したカラー設定をする方法です! そんなに頻繁に美容室に行けない! 色落ちが綺麗な方が良い! こういった方々はパターン①を オススメします! ちなみにメニューは、暗めで透明度よりダメージレスで髪を大切にしたい方は
ダブルケアカラー 透明感をしっかり出しながら暗くしたい方には ケアブリーチケアカラー をオススメしています!参考にしてみてください! パターン② 【最初から色落ちしても遜色無いカラーにする】 パターン②はそもそも色落ちしているような状態のカラーを楽しむというパターンです! 出来るお客様は限られるかと思いますが ブリーチでしっかりとベースを完全に抜いて ハイトーンのブロンドやホワイトカラーを 最初につくってしまいます。 ベースがブロンドやホワイトまで明るくなるとムラサキシャンプーのみで維持可能で、 次回からリタッチカラーのみで良いので 最初に明るいベースを作るのだけ大変ですが ハイトーンを長く続けていくお客様にはとても手入れが簡単でオススメです。 僕も自分自身がパターン②のハイトーンスタイルで2ヶ月に一回リタッチだけしています。 画像を参考に紹介していきます!
【ブロンドベージュ】 そもそも最初から明るいのが好き!という方にオススメなブロンドスタイル。外国人風のブロンドが好きな方やファッションでカラフルな色味を楽しみたい方にオススメな王道ハイトーンです! 【ホワイトカラー】 ホワイトカラーはブロンドよりくすみ感がある、黄色味は少し抑えたい。という方にオススメです! ムラシャンのみでカラーコントロールがある程度出来るのが魅力ですね。 ブロンドベージュもホワイトカラーも最低二回はブリーチが必要になります! 最初の施術は大変ですが、綺麗なハイトーンをその後長く続けていきたい方にオススメです! ハイケアブリーチ+ケアカラー パターン③ 【綺麗なハイトーンカラーをホームケアで徹底キープ】 さて、ここからが本題ですね。 ①と②で、色落ちしても大丈夫な方法を少し ご紹介しました!とはいえ、最初から綺麗なハイトーンスタイルを楽しみたいお客様もたくさんいらっしゃると思います! もちろん絶対に傷まないカラーや絶対に色落ちしないカラーは今現在は存在しません。 この記事でお伝えしたいのは美容師側の正しい理解と施術、お客様の正しいホームケア。 これが、 【50%:50%】 で、初めてハイトーンスタイルが実現する。と思っています。 〜美容師側の50%〜 まず、こちら側が大切にしている事、 大切にしなくてはいけない事。をお客様に知って頂くために説明していきますね。 そもそも傷ませない事が全て。 矛盾して申し訳ないのですが、美髪だけに言及するならばそもそもカラーをしないのが一番です。 でも色々なお洋服を着たり、日焼け止めだけではなく、メイクをしたりするのと同様でもちろん髪もお洒落にしたいですよね。 なので美容師側の正しい施術と正しい薬剤知識が大変重要になってきます。 saiがケアブリーチやケアカラー、前処理や中間処理、染めるカラー剤にこだわりを持つのも全てそこに繋がります。 業務用シャンプーからカラー剤、トリートメント、ドライヤーに至るまで 高級品で固めています。もちろん高ければ良いというわけではなく価格が高い事に理由があり必ず納得出来る商品のみ取り扱います。 私は経営者ではなく職人を目指していますので材料費は度外視しています。 お客様に満足して頂けるヘアを追求する事が私の美容師としての価値観の全てです。 少し脱線してしまいすいません! 話を戻します。 大きく分けて大切な要素として、 ブリーチが必要かダブルカラーでいけるのか、 塗り方は?放置時間は? 2液は何%を使うのか? オンカラーはトーン高めで薄い色素をいれるのかロートーンの薬剤をクリアで薄めるのか等、 ブリーチカラー、ダブルカラーが完了するまで ダメージをいかにさせずに目標に到達していくべきかの分岐点がたくさんあります。 よく言われる市販のカラーはダメだよ! という理由はこういう調整が出来ないからです。 市販のカラー剤はほぼ2液が6%で設定されています(どんな人でも染まるように) なのでブリーチしてる方、ハイトーンの方は特に市販のカラー剤はオススメしません。 間違いなく無駄に傷みます。 美容師側はこの判断をいかに適切にしていくかがとても重要になります。 もちろん僕もまだまだ勉強中ですが、日々ベストを更新出来るよう学び続けています。 後はカウンセリングと似合わせをとても大切にしています。一席のプライベートサロンにこだわるのもその品質を維持したいからです。 長くなってしまいましたが美容師側の正しい施術と理解が50%という説明を簡単にまとめました! 〜お客様側の50%〜 お客様サイドが50%は多いよ!と不快に思う方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ありません。ですが本当に大切なので少しご説明します。 1ヶ月に一回サロンに通われるとしても、 月が31日の場合30日は自宅でシャンプーする事になる。 ここが大変重要なポイントになります。 2ヶ月に一回の方は60日自宅でシャンプーしますよね。 この自宅でのシャンプーからドライヤーで乾かすまで。の日々の工程がとてもとても重要になります。 僕は店販を無理にすすめるつもりは一切ないですが知っておいていただくために、お客様に直接お話ししたり、こうして記事にしたりしています。 よくある勘違い。本当に大切なのはヘアオイルではない。 ヘアオイルはスタイリング剤として、又はキューティクルを整えてくれる潤滑油としてとても大切な存在です。ですがあくまで表面の舗装をしている役割です。まずは内部の土台をしっかりと構築していく事が最重要になります。 シャンプーが最も重要です。 綺麗なハイトーンスタイルを保つ秘訣はたくさんあります。たくさんありますが、どれか一つ、大切なファーストステップを挙げるならば シャンプーです。 市販のシャンプーが決して悪いわけではありません。ただ、万人が使える様に洗浄力がどれも強めです。これはブリーチカラーにおいて致命的です。 後は仕方のない事ですが広告やパッケージにお金をかけないといけませんので中身の成分だけにお金をかけられません。 洗い上がりが滑らかになるようシリコンも多いです。かといってシリコンフリーはきしみすぎます。ハイトーンスタイルにはハイトーンスタイルに適した商材があり、1人1人の髪質によってオススメのシャンプーも変わります。 なのでサロン専売品だから全て良い。 とも言えません。 saiにご相談に来て頂けるのが勿論一番嬉しいのですが、遠方等ご来店が難しい方々は 担当の美容師さんに相談して選んでもらうのが一番良いと思います! 今サロン専売品も世の中にすごい数が出てますのでお客様がご自身で適切なモノを選ぶという事がかなり難しいです。 正しい知識で大切な髪を守りながらヘアカラーを楽しもう! ヘアカラーは今ほとんどの方がしていますし、 僕も自分のカラーをするといつも楽しいし気分があがります! だからこそ正しい知識とケアで長く楽しんで頂けたらと思っております! ヘアカラーの色落ちは永遠のテーマですが 上手に付き合っていく事で、色落ちの不安は 改善されていくと思います! 長くなりすぎてしまったので番外編の シャドウルーツやハイライトローライト、 グラデーションやバレイヤージュといった 別の色落ち対策のアプローチはまた別記事で 書きますね! ホームケアのシャンプー以外の重要性も また別記事で深掘りしていきます! 最後まで読んでいただき本当にありがとうございました! ヘアケアの質問やご予約のメニューが分からない等の場合はお気軽にメールやお電話、又はInstagramやTwitterのDMでご連絡ください! Instagram Twitter ご予約はコチラから!! sai 代表。MOTAI


【参考記事】色落ちについての基礎的なお話とは▽

STOP!色落ち!〜番外編〜

STOP!色落ち!〜番外編〜

色落ちしても可愛いカラーないんですか!? 答えは、 あります!!!! 番外編では、カラーのデザインの仕方によって 色落ちしても可愛いよ!っていうスタイルを 紹介していきます。 大きくわけて3つ! ①イヤリングカラー&インナーカラー ②ハイライト&ローライト ③グラデーションカラー この3つになります! まず①からご説明していきます! インナーカラーは皆さんご存知の髪の内側のみ明るくしたり色を入れたりして変化をつけるカラーです! イヤリングカラーはその幅を狭くしたデザインになります。アクセサリーカラーともいいますね。フェイスフレーミングや前髪ハイライトもこの部類に入ります。 部分的なブリーチのみになるのでダメージが少なく済みます。 退色しても可愛い秘訣としては表面を暗くする事。髪の表側を暗めにしておく事でインナーが退色しても嫌な感じにならずに馴染んでくれるのがポイントですね。 画像を参考に紹介していきます! 【インナーカラー】
表面は暗く。インナーでデザインしています。 色落ちしても嫌な感じにならないのが良いポイントです!ご予約メニューは ケアブリーチ+ケアカラー になります! 【イヤリングカラー】 フロントのみや耳上のみブリーチしてポイントでデザイン出来るカラーです! 耳にかけたりする方やアレンジする方、 ショートの方なんかに気軽に気分を変えられるデザインとしてオススメです! イヤリングカラーのご予約メニューは、 ケアブリーチ+デザインカラー になります! 【ハイライト&ローライト】 ハイライト&ローライトの特徴は髪が伸びてきたり色落ちしてきても馴染みが良いのが特徴です!プリンを目立たせたくない!色落ちしてもなんか良い感じにまとまりたい!という方々は ハイライトローライトがオススメです。 ローライトを顔周りに入れると小顔効果も出せますし、ハイライトと差をつけられるので色落ちしてもデザインが残ります! ハイライトローライトのご予約メニューは、 ケアハイライト+ケアカラー になります! 【グラデーションカラー】 グラデーションカラーやバレイヤージュカラー、シャドールーツも色落ちしてきても気になりにくいデザインカラーです!最初から根本を暗めにしていますので 髪が伸びてきてもプリンが気になりにくい メリットがあります! グラデーションカラーのご予約メニューは、 ケアブリーチ+ケアカラー になります! 番外編で大きく分けてカテゴリー別に ご紹介しました! 色落ち対策の最初の記事⬇️⬇️ http://www.sai--hair.com/sp/blog/entry33620.html では、カラーの色味の選定による色落ち対策をまとめています! 今回の記事ではデザインによって 色落ちを防ぐ方法をまとめています! 両方の記事からお客様それぞれにあった方法を 見つけて頂けたらとても嬉しいです! また、ケアの方法やご予約メニューがわからない場合などはメールやお電話、又はInstagramのDMやTwitterのDM等でお気軽にご連絡ください! Instagram Twitter なるべくすぐご対応致します! ヘアケアのまとめについてはまた別記事で まとめていきますね! 最後まで読んで頂き本当にありがとうございました! sai 代表。MOTAI


〜最後のまとめ〜

長くなりましたがご紹介、解説は以上になります。ブリーチはブリーチの良さ、ダブルカラーはダブルカラーの良さ。がそれぞれあります。

シャンプーも市販のシャンプーの良さ。サロン用シャンプーの良さ。がそれぞれあります。

何が悪いという事は何一つなく、

大切な事はお客様に知って頂いて

担当の美容師さんと相談した上で納得のいく結果が出るようにしていく事だと思っております。

それぞれにメリット、デメリットがありお客様1人1人にご満足頂けるよう組み合わせていく事が何よりも大切だと考えております。

一美容師としては髪型を変える事で気持ちが明るくなったり気分が変わったりして頂けたら何よりの幸せです。

これからもたくさん勉強していきますので、お客様もブリーチカラー、ダブルカラーの違いや適切なホームケアを知っていただき毎日を大切な髪と共に過ごして頂けましたら幸いです。

何かのご参考になれば幸いです。

それではまた。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

ご予約メニューが分からない方や何かご相談がある方はお気軽にInstagramやTwitterのDMでご連絡ください!

Instagram

Twitter

ご予約はコチラから!

sai
sai
東京都渋谷区神宮前3-42-2 VORTIII 2F
TEL:09093868446
定休日:ナシ
全日

sai
MOTAI


MOTAI

MOTAI

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOTAIは、こんな記事も書いています。

  • STOP!色落ち!〜番外編〜

    STOP!色落ち!〜番外編〜

  • STOP色落ち!ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法って何??

    STOP色落ち!ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法って何??

  • 話題のTOKIOトリートメントを解説します!!

    話題のTOKIOトリートメントを解説します!!

  • sai 1周年記念

    sai 1周年記念

  • ダブルカラーとブリーチは何が違う??よくある質問と特徴を解説致します!

    ダブルカラーとブリーチは何が違う??よくある質問と特徴を解説致します!

  • 美容室のコロナ対策まとめ

    美容室のコロナ対策まとめ

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 sai All rights reserved.