痛ませないハイトーンカラーが人気の美容院sai(サイ)>カラー>ケアブリーチの魅力を徹底紹介!ブリーチのダメージを少なくできる夢のブリーチ!

ケアブリーチの魅力を徹底紹介!ブリーチのダメージを少なくできる夢のブリーチ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケアブリーチの魅力を徹底紹介!ブリーチのダメージを少なくできる夢のブリーチ!

こんにちは!

saiの代表スタイリストのモタイです!

今回は皆様からよくご質問頂きます、一体ケアブリーチって何なの??本当に意味あるの??

という疑問にお答えしていきます!

ケアブリーチとは??

こちらが噂のケアブリーチ。saiでは全てのお客様にコチラのブリーチ剤を使用しています。

saiではお客様にハイトーンカラーをもっと身近に、もっと気軽に楽しんでいただきたいからです。

そもそもブリーチには

①髪が傷む。

②退色が早い。

の2つのデメリットがあります。

これを解決するためにケアブリーチが必須なのです!!

どのようなモノなのか実際に説明すると、

ジカルボン酸という特殊な成分によって毛髪を補修してくれる仕組みになっております。

髪の毛はほとんどがタンパク質で出来ています。ブリーチの際、メラニン色素を壊す事で

黒→オレンジ→黄色→白の順で明るくなっていきます。

当然ながらその際通常のブリーチですと切れ毛や、きしみが発生します。

これがブリーチの悪いイメージですね。

ケアブリーチはそういったダメージになる要素を手助けしてくれる骨組みの役割を果たしてくれます。

ジカルボン酸が髪の内部の結合をしっかりつなげてくれる事でブリーチ特有のパサつきを抑える事が出来ます。

髪内部の状態を整える事により色の定着も良くなります。

実感としては髪にハリが出る感じ+手触りの良さが通常のブリーチとはまるで違います。

そしてそして、、、次の工程へ、、⬇️⬇️

実は、、ブリーチ後が勝負!!

⬆️⬆️ こちらがブリーチ後に使うアフタートリートメント。

ファイバープレックスno2ボンドフィクサーです!!

ケアブリーチだけではまだ不十分!髪の外からケアする要素も必要になります!!

効果としてはボンディング成分がイオン結合を構築し、髪が持つべき本来の結合状態に
近づけます。ブリーチをしていてもなるべく本来の髪の内部構造、手触りに近くなるよう戻していきますよー!というイメージが近いです!

加えて、カラー施術後のアルカリに傾いた髪からアルカリを除去する事で、ダメージをストップ。色の退色を抑える効果があります。

実はカラーをしただけだと残留アルカリがまだ残っていてしばらくの間、髪は傷み続けてしまうんですね、、。(知っているお客様は少ないかと思いますが、、。)

なので、アルカリを除去する!という事もダメージを抑える上でとても大切な事なのです!

ケアブリーチで内部補修を。ボンドフィクサーでアルカリ除去をしながら外側からもしっかりケアする。この2つの工程が重要になります!

ではbefore afterでケアブリーチの効果を検証してみましょう!!⬇️⬇️


結果発表!!!ケアブリーチの施述事例


BEFORE

383316968e345672640f43845b1495bebada6946.jpg

AFTER

97b7a9f2cd1c924dc957513b189b5884ceb1c716.jpg



【before】

【after】

艶があるハイトーンが実現出来ました!!


どうでしょうか!?

ブリーチをしているのに、、そこまで傷んでいるようには見えないかと思います!

ちゃんと知識があれば限りなく髪を傷ませないようにハイトーンカラーを楽しむ事は出来るんです!!

ケアブリーチは傷まないって本当??

正確には全く傷まないわけではありません!

ですが、通常のブリーチとケアブリーチでは結果として見栄えも手触りもまるで違います。

ヘアカラーを繰り返し行う中で更に日々わかりやすく結果して表れます。

つまりブリーチやカラーを繰り返す程、ケアブリーチをしているかしていなか長い目で見たらとても重要なポイントになります。

大切なヘアを綺麗に保つ事を考えたら、ケアブリーチは絶対必要なモノだと僕は考えています!

ケアブリーチのデメリットは正直に言ってありません。かつてのブリーチサプリ等はリフト力が弱く明るくなりずらい等のデメリットがありましたが、

ケアブリーチはリフト力はそのままに、

ジカルボン酸が毛髪を補修してくれているシステムになっています!

ブリーチの明るくする力はそのまま据え置きで、プラストリートメントのような手触り感や補修効果を髪に与えられる感覚がケアブリーチの実感に近いです!ダブルカラーをされるお客様には絶対に必要なブリーチなのです!

ファイバープレックスケアブリーチにする理由とは??


f26967cc219591587030f6065bd63c3c3d85c0c4.jpg


ファイバープレックスブリーチは元々から、

ケアブリーチ剤が含まれているブリーチ剤になります!混ぜるタイプですと、混ぜムラやグラムの誤差が生まれる可能性もあり、そういったリスクを完全に無くして提供できるようファイバープレックスブリーチを選択しています!


また従来のブリーチ剤よりブリーチ特有の香りが削減されているのも特徴でこれもお客様の居心地の良さにつながるのでは!と考えて選んでおります!


☆ケアブリーチで叶うハイトーンスタイル☆⬇️⬇️⬇️

4fb41e6d520700a82e78da59342856e2796c916d.jpg


ケアブリーチの値段は??

saiでは全てのメニューでケアブリーチを使用しております。基本的にブリーチ単品ではなくブリーチ後にカラーをしますのでケアブリーチ+ケアカラーでの組み合わせメニューになりますのでご了承ください!

新規のお客様はコチラ⬇️⬇️


ケアブリーチ+ケアカラー+CAREPROトリートメントのコースが19000円。

カット+ケアブリーチ+ケアカラー+CAREPROトリートメントのコースが24000円になります。

通常の料金はコチラになります⬇️⬇️

ご来店頂いた際にカウンセリングでメニュー変更も出来ますのでお気軽にご相談ください!


皆様が思っているより、ブリーチ剤やカラー剤も進化を遂げて今までよりリスクがなくハイトーンカラーを楽しめる様になってきました!


髪を大切にしたいけど、イメージを変えたい。自分だけのヘアをデザインしたい。ヘアを楽しみたい。ブリーチで傷ませたくない。色を綺麗に保ちたい。

その様なお考えやお悩みがある方々はぜひ

saiに遊びに来てください!!

毎日のホームケアも大切になります!!

①お湯の温度は低めに!!(38℃前後)

理由は、お湯が熱すぎるとキューティクルが開いてカラーや髪の成分が流れ出てしまうためです!せっかく美容室でケアした事を無駄にしないよう日々のシャワーの温度は、ぬるめに設定してみましょう!!

②シャンプーはしっかり泡立てるようなイメージであまり擦りすぎない事!!

摩擦によるダメージも積み重ねれば馬鹿になりません!日々のシャンプーはしっかり泡立てして洗うイメージで髪同士をあまり必要以上に擦りすぎない事を大切にしてください!

③濡れたままにしない!!

キューティクルは髪を乾かす事で閉じる事ができます!濡れている状態は非常に髪がデリケートになっている状態です!濡れたま寝てしまったり生乾きにならないようお風呂あがりにすぐ乾かしてあげる事を大切にしてください!

毎日しっかり行う事でカラーの退色や切れ毛を予防する事ができますよ!

髪の扱いに迷ったらスキンケアを思い出してみましょう!!

クレンジング&洗顔→シャンプー&トリートメント

化粧水&乳液→アウトバストリートメント&ドライヤー

という感じで、スキンケアの考え方とヘアケアの考え方はとても似ています!

世間ではスキンケアの知識はとても浸透していますよね。ヘアケアも正しい知識で正しいケアを続けていけば綺麗な状態でキープしていく事が出来ますよ!

もっと詳しいお話はぜひご来店された際に、

直接お伝えしたいと思います!!


必ず満足するヘアをご提供出来ると思っております!皆様のご来店を心より楽しみにお待ちしております!!


sai. 代表 MOTAI


MOTAI

MOTAI

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOTAIは、こんな記事も書いています。

  • 話題のTOKIOトリートメントを解説します!!

    話題のTOKIOトリートメントを解説します!!

  • sai 1周年記念

    sai 1周年記念

  • ダブルケアカラーってなぁに??よくある質問と特徴を解説致します!

    ダブルケアカラーってなぁに??よくある質問と特徴を解説致します!

  • 美容室のコロナ対策まとめ

    美容室のコロナ対策まとめ

  • 美容室のトリートメントって意味ありますか??

    美容室のトリートメントって意味ありますか??

  • セミナーをやる理由。

    セミナーをやる理由。

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 sai All rights reserved.